交通事故被害の示談交渉を弁護士に相談

交通事故被害示談交渉を円滑に進めるためには

守るべきこと

安全という言葉は、簡単に達成できるようなものではありません。私達一人だけが意識して行っていても意味がありません。運転を行っている人、行える人すべてがそれを行わなければ意味がありません。全国的に、事故をできるだけ減らしていこうという働きは以前からおこなわれており、現代においてそのはたらきもさらに強まっています。私達はそういった世間の動きに対して、ある意味で緩慢になってしまうかもしれません。自分だけは少しだけなら『安全でない』運転をしても大丈夫だろう、少しだけなら、交通法規を守らなくても大丈夫だろう、という思いが、出てきてしまうことがあります。少しの油断が事故に繋がるということを考えれば、そういった安易な考えこそ、私達が行う運転の中でも危険な事である、と分かります。そして、私達もそれをいつも意識していないと、運転というものが惰性になってしまい、自分の間違っている部分に気付かなくなるかもしれません。そういったことになってしまう前に、私達は、できることから行っていくことができます。

運転時の対応、そして事故が起こった時の対応、どちらも迅速であるべきです。それは私達だけではなく、同じく運転している多くの人を守ることになるのです。

事故時の対応とは

もし私達が事故に遭ってしまった場合、または誰かを事故に巻き込んでしまった場合、真っ先に取らなければならない行動としては、『警察に連絡する』こと、そしてけが人がいる場合、『救護すること』、『救急車を呼ぶこと』などの行動を取らなければなりません。そうすることによって、私達は事故時の義務を果たすことになります。もし加害者側だとして、けが人の救護をしないのであれば、義務を果たしていないことになり、『ひき逃げ』として、罪が重くなる場合があります。

そういった場合にも、パニックにならずに対応することが必要です。事故として届け出をした後は、保険会社等との交渉があります。それは、いわゆる「慰謝料」とも関係してくることです。被害者側は、この時どのような対応をするかによって、正当な慰謝料を受け取ることができるかどうかが決まると言っても良いでしょう。

私達はそういった事故時の対応を、全て自分で行う事もできます。しかしその場合、正当な慰謝料を受けられないことがあります。そこで弁護士に依頼することにより、自分で行動するよりも多くの慰謝料を受け取れる可能性が高くなります。これは、過去の例からも分かることで、かなりの金額の差があります。ですが、実際に弁護士へ依頼するとどのくらいの費用がかかるのかはっきりとは分からないものです。不安であれば、まずは無料相談などを受付ている法律事務所などに一度電話してみるのも良いでしょう。

TOPIC≪交通事故の慰謝料・弁護士への無料相談|弁護士法人アディーレ法律事務所

示談で終わらせる危険性

交通事故には、それが単独事故でない場合、やはり責任の割合というものがありますが、一方的な事故の場合は特に被害者と加害者という扱いとなるでしょう。私達は自分たちが被害者とならないことに一番気を割くと思いますが、それ以上に、自分たちが交通事故の、人身事故の加害者となってしまわないように、自分たちの運転の仕方に、特に注意を払うでしょう。運転は、ただ単に「気を付ける」だけでは、物足りないからです。もし私達が加害者となってしまったら、また被害者となってしまった時のことを考えてみると、よりその点において努力しなければならないことが分かります。そこでひとつ選択肢というか、手段の一つとして挙げられるのが、『示談』で終わらせてしまうということです。その事故が大した事故でない場合、いわゆる規模の小さい事故である場合は、お互いが警察等に届け出をすることなく、示談で終わらせることが多々あります。しかし、この問題点は、もしその事故が、『あとから』もっと大きな規模の事故である場合が発覚した時です。

例えば、私達は被害者側だとすると、その時は、自分は怪我をしていないと思っているかもしれません。しかし、あとから症状が発覚し、物損だけではなくなることがあります。

交通事故と被害、示談

私達がいつまでも心配しているような事柄が起こらない限り、いつまでも私たちは安全な生活をすることができます。それは、たとえば私達自信がいつも気にするようなことが将来の安全性というものが求められていることです。安全を確保するということと、それ以上のことが求められている運転というものにおいて、それを確立するのは簡単なことではありません。例えば、車の運転は、単にスピードを出さなければ良いというものではありません。もっと大切なことが求められています。よく言われるのが、運転の年数と、車の運転の安全性は必ずしも比例しないということです。いわゆる事象の運転プロであっても、ふとしたことがきっかけで、事故を起こしてしまうことがあります。私たちは、自分たちがどれだけ安全な運転をしていると思っていても、実際は、危険な運転が知らないうちに習慣化してしまっていることがあるのです。習慣化してしまったことは、簡単には治りません、いわゆる癖となっているので、それを修正することが必要になるのです。

特に、最近は高齢者の事故が多発しています。私たちは、自分たちがどれだけ安全を心がけていても、誰かの不注意による事故によって、巻き込まれてしまうことがあるのです。私たちは、自分たちの引き起こす事故のリスクを低下させることはできますが、他人による事故に巻き込まれたり、示談にもちこまれる可能性をゼロにすることはできません。しかし、それをできるだけ、可能な限りゼロにすることは、不可能ではありません。